MailHosting - 東京大学情報基盤センター 学内組織向けメールサーバ環境 - | Top > サービス > 利用開始

利用開始までに必要な作業

学内組織向けメールサーバ環境について

更新: 2017年10月19日11時09分

メールドメイン(@xxx.yyy.u-tokyo.ac.jpの部分)を新規に作成する場合と、既存のものからメールホスティングサービスに移行する場合について、申請から利用までの流れを説明します。既存のものをメールホスティングサービスに移行する場合には、綿密な計画を立てて実行しないと、一時的にメールが届かなくなるなどの不具合が生じてしまいます。

以下、それぞれの場合について注意点を挙げながら、例を示します。なお、申請の際には、既存のドメインからメールホスティングのサービスに移行する場合には、移行の日時等についてあらかじめご相談下さい。(ドメインの状況によって多少異なりますので、不明な点についても予めご相談ください。情報基盤センター分散システムセキュリティ支援係にて迷惑メール対策システムをご利用中の場合は合わせてご連絡ください。)

また,申請の前に、東京大学情報基盤センター 学内組織向けメールサーバ環境利用規則学内組織向けメールサーバー(MAILHOSTING)を申込み/利用する上で注意していただきたいことを必ずお読みください。

なお,情報基盤センター メールホスティング担当 のメールアドレス・内線番号・学内便送付先は 問い合わせのページ でご確認下さい.


A.新規にドメインを作成する場合の例(○申請者側作業、●センター側作業)

B.既存のドメインから移行する場合の例(○申請者側作業、●センター側作業)