MailHosting - 東京大学情報基盤センター 学内組織向けメールサーバ環境 - | Top > 広報 > 障害情報

メールサーバの国別認証制限機能の障害について [終了]

障害情報

作成: 2017年05月18日

教育用計算機システムのECCS 教職員メールおよび,メールホスティングシステムで用いられているメールシステムでは,メールクライアントからの利用の際に国別認証制限をおこなっており,多くのユーザは日本国内からのみの接続を許可する設定になっています.

5/18 4:00 から,この国別認証制限システムが正常に働かなくなり,日本国内からのアクセス(大学内からのアクセスを含む)を海外からのアクセスと判断して,メールクライアントからのアクセスを拒否するという障害が発生しています.

5/18 9:00に暫定対応として「国別認証制限」設定機能を停止し,メーラでの送受信障害は暫定復旧しております.

5/18 14:25に対応が終了し,障害が解消されました.「国別認証制限」設定機能が有効になりましたので、メーラでの送受信時の国別認証制限を行うことができるようになりました.
なお,暫定対応としてユーザー個別の設定で「国別認証制限」の設定を「全ての国からの認証許可する」に設定された方は,元の設定にお戻しいただけますようお願いいたします.

利用者の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしました.