MailHosting - 東京大学情報基盤センター 学内組織向けメールサーバ環境 - | Top > 広報 > 障害情報

[終了] ECCS 及び MailHosting のサービス障害 2017年3月4日

障害情報

更新: 2017年03月06日
作成: 2017年03月04日

3/6(月)16時より緊急に実施した部品交換等の作業は 17時10分頃に終了しました.17時15分現在,ECCS教職員メール・MailHosting サービス・端末他,全てのサービスが再開しました.

この度は利用者の皆様に多大なご迷惑をお掛けして,大変申し訳有りませんでした.


本日3月6日16時から17時30分までの間,一昨日障害の発生した機器の部品交換等の作業を行うため,ECCS 教職員メール・端末・MailHosting サービスなどが利用できなくなります.

作業中は,ECCS教職員メール / MailHosting サービスでのメールの送受信や,端末からインターネットへのアクセス,ホームディレクトリ内のファイルの読み書きなどができなくなります.

なお,作業時間帯であっても一時的に端末等を利用できる場合があるかも知れません.しかし,利用中にファイルを破損するなどの恐れが有ります.作業終了の広報を出すまでは,なるべく端末を利用しないようお願いします.

利用者の皆様にはご迷惑をお掛けして大変申し訳有りません.


3/6(月)9時現在,ECCSの端末は起動しますが,ユーザのホームディレクトリにアクセスできない状態です.そのため,Mac 環境ではログインしてもデスクトップが表示されませんし,Windows 環境ではデスクトップが表示されるものの自身の作成したファイルの参照・書き込み共にできません.端末を利用しないようお願いします.

なお,本日3/6(月)の日中,機器の交換等の作業のため,ECCS 及び MailHosting のサービスを一時的に停止する予定 です.停止する時間帯が決まり次第,このウェブページでお伝えします.

利用者の皆様にはご迷惑をお掛けして大変申し訳有りません.


3/5(日)16時00分頃に,ECCS 教職員メール及び MailHosting のサービスを仮復旧しました.現在メールの送受信やウェブメールなどは利用できます. 但し,サービス停止期間中に配送できなかった大量のメールの送受信処理が発生していることで,メールサーバも負荷がやや高い状況です.通常よりも動作が遅く感じられるかも知れません.

なお,障害の発生が疑われる機器の交換作業のため,3/6(月)の日中に一時的にサービスを停止する可能性が有ります.予めご了承下さい.

この度は利用者の皆様にご迷惑をお掛けして申し訳有りません.


3/5(日)10時50分現在,引き続きECCS 及び MailHosting のサービスが利用できない状態です.利用できない主なサービスを以下に列挙します.

ITC-LMS は利用可能です.


3/4(土)10:50頃より ECCS の内部のほぼ全てのサーバで外部との通信ができなくなり,21時50分現在も ECCS教職員メール,MailHosting サービス,WebDAVサーバ,SSHサーバなど,教育用計算機システムに関わるサービスが利用できない状態です.

未だ原因の特定にはいたっていませんが,関連する機器の調査の結果,ECCS 内の基幹ネットワークスイッチの障害の可能性が高いことは分かりました.そこでセンターでは当該ネットワークスイッチの部品の手配を行いましたが,交換部品が届くのは 3/6(月)以降になります.

従って サービスの再開も3/6(月)以降になる見込みです.

利用者の皆様には多大なご迷惑をお掛けして,大変申し訳有りません.


3/4(土)12時現在,ECCS 及び MailHosting のほぼ全てのサービスが利用できない状態です. センターでは原因を調査しています. 利用者の皆様にはご迷惑をお掛けして申し訳有りません.